女性ならいつまでも若々しくいたいものです。シミ、ソバカス、小じわなど課題がたくさんあります。

そんなたくさんの課題の中、つい忘れてしまいがちなのが首のしわです。

いくらきれいにメイクしていても、首のしわで台無しになることもあります。

私も首のしわは意識していませんでしたが、交通事故をきっかけに意識することになりました。それは、むち打ち症状がきっかけとなったのです。

むち打ち症状がとてもつらくて、寝ていても気分が悪く、どうすれば普通に眠れるだろうか、と考えマクラを工夫してみたのです。通常の枕ではなく、タオルケットをたたみ、自分が気分良くなる高さに合わせました。

普通の枕よりも半分以下の厚みで、本当に上を見て寝ている、首を伸ばした角度になります。ですが、このタオルケットマクラにしてからは、首のしわが目立たなくなりました。上を向く角度なので、首の皮膚が伸ばされるようです。

このことに気がついてからは、スキンケアのときに首もケアするようにしています。化粧水をつけるときに、少し手の平でたたくようにして、乳液をつけるときは、皮膚を伸ばすようにマッサージします。

むち打ち症状はつらいのですが、首にしわを改善することができています。すでにあるしわが無くなるかどうかは、わかりませんが、しっかりとケアを続けようと思います。