血液検査でコレステロール値が高いと気になりますよね?
最近では低すぎるよりは少し高めの方がいいとも言われているコレステロール値ですが、標準よりも大幅に高いのは考えものです。
動脈硬化による心筋梗塞の主な原因にもなっているし、心臓や血管への負担も大きいですよね。

普段の食生活や運動によってコレステロールは下げることができますが、何か効果的な食べ物はないのでしょうか?
コレステロールを下げる食べ物の一つに「タマネギ」があります。
タマネギは、特に熱を加えることによってその効果を得る事ができるようです。逆に、サラダとして食べる時に水にさらしたりすると思いますが、血液をサラサラにすると言われるイオウ化合物は水に溶けだしやすい性質があるので、避けた方がいいようです。
生食をする時は、ちょっとピリッと辛いかもしれませんが、スライスしたものをそのまま食べると、血糖値を下げる効果があるようです。

タマネギって普段の食生活にとても取り入れやすい食材ですよね。
カレーやシチューにもたっぷり入れることができますが、おすすめはタマネギとコンソメのみで作ったオニオンスープや、油分の少ない煮物です。
タマネギを取り入れることを意識しながら、油分や糖分控えめのメニューを考えてみてはどうでしょうか?