チョコレート効果という言葉をよく聞きますが、みんなが大好きチョコレートには具体的にどんな効果があるのでしょうか?

チョコレートにも甘い物から砂糖の分量が少ない苦い物まで色々ありますよね。
もちろん、甘いチョコはおいしいのですが、やはり健康に効果があるのはカカオ70%以上のチョコレートです。
カカオ70%となると、ちょっと苦いですがクセになるおいしさです。
さらには99%なるチョコレートも売っていますが、これはもう苦いの一言ですね。

そんなチョコレートの効果ですが、紫外線からお肌を守る、脳卒中のリスクを下げる、集中力を高める、歯周病を予防する、咳を抑える、肥満を予防するなどといったたくさんの効果があると言われています。
驚きですよね。
ただし、やっぱり砂糖がいっぱいの甘いチョコレートよりも、カカオ成分の多いやや苦いチョコレートの方がいいようです。
そして、もちろん食べ過ぎもよくありませんね。
カカオ成分が高くても、脂質が高いのがチョコレート。
食べ過ぎれば当然ですが、肥満を予防する効果を飛び越えて肥満に繋がってしまいます。
多くても、一週間に一枚程度の量に抑えるのがいいでしょう。

健康効果があると分かると、チョコを食べる罪悪感(?)も減りますね!
さっそく少し苦いチョコを買いに行きましょう!